top of page
15D Matrix Unplugging

15D マトリックスのアンプラギング

15D Matrix Unplugging

 このセッションは、ギャラクティックDNAアクティベーションのセッションを受けるために必須のセッションとなりますので、「スターシード・セット」の中の「25D 異質な歪みの除去セッション」にも含まれています。

 

 マトリックスに繋がるプラグを完全に抜いてしまうことは、それはあなたが全てのレベルにおいて一切干渉されなくなることを意味します。様々なエネルギー的シールやインプラント、マインドコントロール、プログラミング、信念体系の変更、DNAの変異、その他のエネルギー的な歪みによって、人間は普遍的に存在するメインフレームであるマトリックスに繋がれ囚われています。これらのエネルギー的な歪みは、元々地球のクリスタリングリッドにあるもので、我々の出生とともに、アクシオトーナルラインを介して、我々のエネルギー体やオーラのフィールドに設置されます。このエネルギー的歪みはある意味ごく自然に設置されるので、我々がマトリックスの中で生きながらも、そもそも常にその中に囚われていてその影響をいつも受けているのだという事実に絶対に気づくことがありません。常にエネルギー的歪みが存在するので、我々の思考の波動や周波数、意識レベルが閉鎖し(つまり眠っていて)、常にコントロールされた状態に留まっているわけです。不調和の波動を造り上げることで、我々のエネルギーや意識は吸い上げられ、ハイヤーセルフや高次元に繋がるのを阻害する障害が出来上がるのです。

 

 具体的に見ていきましょう。

 

 7つの異常なエホバのシール或いは封印(英語でJehovian Sealsと呼ばれ、以降「Jシール (J-Seal)」と略します)は、我々誰もが例外なく第7番のアクシオトーナルライン上に持って生まれてくる7つのシールです。このJシールはエネルギー的なプラグ(栓)のようなもので、エーテル的に観ますと体の左側に縦に並んでいます。地球の真ん中と我々の体のグリッドの正中部にある正常なシールが開放されると、それぞれに相関したJシールもまた開け放たれてしまいます。Jシールは、取り除かないと体が退廃してやがて死に至るので、「死のシール(封印)」とも呼ばれています。これらは体の左側、もっと具体的には第7番のアクシオトーナルライン上に存在します。この部位に体の不調を訴える人も多く、Jシールを除去することで体調が劇的に回復して寿命が伸びた例も多くあります。これらのシールはさまざまな古代文書でもその存在を語られています。今現在の星のアクティベーションサイクルの時期(2012年から2022年)に呼応して開放しアクティベートするように設定されており、アクティベートすると体の左側に起こる種々の疼痛や疾患の原因となり、体全体の退行変性や、種々の肉体的そして精神神経的な疾患を引き起こします。

 

 ゼータ・シール (Zeta Seal)は、ゼータの種族によって、西暦1748年以降に第4チャクラ(ハートチャクラ)に設置されたシールで、このチャクラを閉じた状態にキープすることで、DNAの第4の鎖のアクティベートを妨げ、ハートが無条件の愛に目覚めることを阻止します。またDNAの第5の鎖がより低次の鎖に接続することができない分断・分裂状態を引き起こし、直感力や超感覚、そして高次元への移行の記憶をなくして、これにより、アセンションや高次の意識への進化を妨げます。こうすることで、人間のDNAがゼータ種族の集合的マインドの複合体に繋がった状態となり、そのコントロールを受けることになるわけです。

 

 メタトロニックなインプラント (Metatronic Implants)は、Jシールよりもずっと昔に設置されたもので、オーラ全体に存在します。主にエネルギー体の中に存在するこのインプラントは、地球の周りに太古の昔から存在する大きなインプラントのグリッドに繋がっており、我々のエネルギー体が肉体と完全に接続し統合して一つになるのを阻止します。本当のスピリチュアルな現実ではなく、その大きなグリッドによって作られる「マトリックス」と呼ばれる、ホログラフィックな別の現実に引き摺り込むフックのような役割を果たしています。因みに「メタトロニック」というのはこのインプラントの固有名ではありません。インプラントのこういった作用が「メタトロニックな」と形而上学的に表現されたもので、よって、大天使メタトロンとはなんの関係もありません。

 

 テンプラー・シール (Templar Seals)は、紀元前8000年頃に設置されたもので、このシールによってDNAの第2鎖の第6ベースコード、第4鎖の第6オーバートーン、そして第5鎖の第12オーバートーンが除去されてしまいました。現在でも、このシールの欠片や名残が残存している人がたくさんいます。それによって人間はずっと眠った状態となり、審判を下す役割を担う「怒りに満ちた神」といったもっともらしい宗教的物語に埋もれ、より高い波動に統合してアセンションに向かうのを妨げられているのです。

 

 テンプラー・アキシオン・シール (Templar Axion Seal)は、紀元前1500年頃に設置されたもので、DNAの第1鎖の第6ベースコード、第5鎖の第6ベースコード、そして第6鎖の第6ベースコードを取り除いてしまいます。これによる歪みを持った遺伝子コードにより、次の調和的な宇宙に移行するのに必要不可欠なDNAの集積を行うことができない状態となります。これは、今こうしてアセンションのサイクルがやってきているのに、多くの人がまだ眠っていて目覚めないことの原因の一つでもあります。これは「獣の番号」とされる「666」の本来の意味とも言えるのです。

 

 荊冠 (Crowns of Thorns)は、人間の頭上にあル「イバラの冠」で、自然なエネルギーの循環を湾曲させ、ハイヤーセルフや創造主から主要な生命力エネルギーを受け取るのを阻害します。十字架の磔は、イバラの冠によって、チャクラへの宇宙からチャクラへのエネルギー的流れを剥奪して、人間が三次元という波動の囲いの中に閉じ込めるように行われた、いわば人間へのエネルギー的な磔だったのです。この冠が除去されると、感じやすい人は金属のプレートが頭上から取り除かれるのを感じ、口の中に金属的な味がすることもあります。そして、創造主やハイヤーセルフへの深い繋がりを再び経験することができるようになります。

 

 バベルの塔のシール(Tower of Babel Seal)は、紀元前3470年頃に、地球の惑星的シールドを逆行させる目的で、侵略的種族によって、地球の磁気グリッドを一時的に崩壊させ設置されました。これにより、人間のDNAテンプレートに変異が生じ、自然なエネルギーの流れが阻害され、松果体や視床、視床下部そして甲状腺に機能不全が生じました。人間の寿命は短くなり、高次の感覚と種族としての記憶が阻まれ、DNAテンプレートの火文字の配列に構築された本来の言語パターンが奪われました。それ以降、我々は一種の記憶喪失の状態になり、短命になりました。このことは聖書には「バベルの塔」のストーリーとして記載されています。

 

 カルマの格納ユニット(Karmic Containment Units, KCU)は、その名の通り、インプラントというよりは、格納ユニット的な装置です。あなたにはカルマがあって、これを刈り取るように世界ができていると信じ込まされているということをまずご理解ください。しかし、実際には、あなたがカルマを背負うわけではありません。カルマの格納ユニットを通じて大きな車輪に接続しているために、カルマという現象を経験し、これによってあなたが完全に地球での人間という生活に深く浸れるようになっているわけです。しかし、それはまた同時に、ヴェールの向こう側が見えない状態に閉じ込められていることを意味し、カルマに駆られて生じたあなたの信念やエネルギーでマトリックスが満たされて、ダークなサイドが肥えていくようにもできているのです。この格納ユニットを除去することによって、ダークな存在の思うようにマトリックスを満たすことがなくなり、突然ベールの向こう側が見えてきます。制限なく自由に見て、考えて、行動することができるようになり、新たに獲得した真の愛と光のエネルギーを通して、新しい現実を生き、新たな愛のマトリックスを構築することに貢献するようになるのです。自分自身が信じられないほどパワフルな存在であることを悟り、あなたの選択したいように現実を共創造してゆくようになります。

 

 一般的なエイリアン・インプラント (General Alien Implant)には、エイリアンによる様々な装置(トラッキング装置、星状の機器、オーラのハーネス、座標探知機、意識の掃除機、気や性的エネルギーのサイフォン、死の光線のテクノロジー、エーテル体兵器、有害な人工物やポータル、逆行の波動周波数、仕掛け爆弾、インプラント、肉体の誘拐、金属の檻、心身の奴隷化、マインドコントロール、パラサイト、吸血コード、焼印、シンボル、紋章などなど)が含まれ、そういった装置を用いて、人間から気のエネルギーを吸い上げ、プログラミングを用いてコントロールし、我々の健康状態や思考・感情の状態に影響を与えて、我々が高次の意識に到達する能力を妨げているのです。

 

 群衆的マインドの族長的支配 (Patriarchal Domination over Hive Mind)とは、人間が集合意識になって単一の意識体として働くのを阻止してコントロールするものです。信念体系や恐怖に基づくマインドコントロール(虐待の受け入れと社会病質者、剥奪され欠乏した状態の受け入れ、興味の欠如と無関心、命令の実行、法律の強要、テロリスト、無力、罰や痛みへの恐怖、「誰にも見ても聞いてももらえない」、「権力ある者に異議を唱えるな」、「女は繁殖のための道具でしかない」、「女は男の快楽の奴隷である」、「異教徒を殺せ!」、「長い物には巻かれろ」、「階級が低い者は無価値である」などなど)によって集合意識への移行を阻止してしまうのです。

 

 恐怖や憎悪に関する思考形態 (Fear or Hate Thought Forms)は、ネガティブな思考の産物で、あなたの生活において色々な混沌さや人間ドラマ、暴力などを引き起こします。これには、

子供のアーキタイプ、男性のアーキタイプ、母親のアーキタイプ、変化そして未知なる未来への恐怖、生死に伴う不確定さと死後への恐怖、神や光への恐怖、地球外生命体への恐怖、傷つくことへの恐怖、知性の欠如に関する恐怖、「見てもらいたい」、「見つけてもらいたい」、迷子の魂、スピリチュアルな裏切り、混沌と闇に囚われた状態、遺伝的理由による差別、人種差別、宗教的差別、戦争と殺戮、拷問と苦痛、大虐殺、集団虐殺、ホロコースト、煉獄などが含まれます。

 

 恐怖を伴うトラウマ的記憶 / 遺伝的或いはギャラクティックな記憶 (Fear or Phobia Trauma Memories / Genetic or Galactic Memories)は、生まれ持った恐怖に基づくもので、これは遺伝的或いはギャラクティックな種族の血統・系統に由来する記憶に由来します。これには、部分的なアセンデッドマスター、セラフィム、エロヒム、アンドロメダ、アークチュルス、シリウス、プレアディス、オリオン戦争とアルファ・ドラコニス、リラの王家、クマラの系統、メルキゼデクの聖職者、月の系統、火星の系統、アヴァロン、レムリアの聖職者、アトランティスの蛇の集団、ネフィリムの原始の聖職者、龍の集団、ダイノイド、ガーゴイル、ヒューマノイド、インセクトイド、リザード、アヌンナキ、フォボス、メデューサ、ネクロミトン、レプロイド、レプティリアンの侵略、ルシファリアンの征服、邪神の子息、ゼータ、グレイ、エホバ、ヤーウェの眼、アヌビアン、ティアマットとその配偶神、マルドゥク、エンキ、エンリル、トート、テレーマ、ユレーマが含まれます。

 

 複製・交配に伴うトラウマと遺伝情報の盗用 (Replication Hybridization Trauma and Stolen Genetics)により、我々の思考や信念体系、行動がコントロールされ、体のあらゆる機能に障害が起こります。これには種々のトラウマとそれに伴う苦痛が含まれ、人と動物の交雑種、ゼータの交雑種、アヌンナキの交雑種、ドラコンの交雑種、エイリアンとの交雑種とその子供たち、エイリアンのウイルス種族との交雑種、ヴェシカ・パイシーズのハーネス、閾のハーネス

大天使ミカエルの刀剣のスプリッター、聖母マリアのスプリッター、性別のスプリッター、マインドのスプリッター、ブリーダーの標識札、百合紋章の破棄、アークコードの破棄、太陽神のインプラント、クマラ・マスター・インプラント、呪いのインプラント、十字架磔のインプラント、ゼータの四次元星形シール、原理シール、666シール、777シール、アヌの第6・7シール(翼の切断)、ネフィリムによる逆行とその人工産物、血欲・吸血による傷害、オリオンの太陽の十字架、堕天使の分離、極性の反転、インディゴ3型の契約、死もしくは退行の幾何学、死の光の十二面体、体の部位の複製、クローンボディの複製、臓器の複製、松果体や下垂体、視床下部などの分泌腺のインプラントと盗用などがあります。

 

 恐怖の種子インプラントとそれに伴うDNAの歪み (Seed Fear Implants with DNA Distortion)は、遺伝に起因した恐怖で、地球のエネルギーマトリックス体の細胞的記憶、すなわち、我々人間のエネルギーマトリックス体に存在する特定の恐怖パターンです。これには、ポラリアンDNAの第1鎖(ストランド)、ヒポボレアンDNAの第1鎖、レムリア・ムーDNAの第2鎖、アトランティス・アラニアDNAの第3鎖、アーリアDNAの第4鎖、ムヴァリアンDNAの第5鎖、パラディスDNAの第6鎖、未来DNAの種々の鎖などがあります。

 

 性的インプラントとエイリアンの記憶 (Sexual Implants & Alien Memories)は、我々に取り付けられた種々のインプラントとそれに伴う記憶で、様々な性的な虐待に関係した境遇を創り出し、葛藤や絶望、罪悪感、嫌悪感、怒り、不安、恐怖、そしてその他様々な深いトラウマ的な状況を引き起こします。これには、生殖器の締め具やプラグ、生殖器の切断、調節と実験、子宮からの胎児の切除、ポータルをブロックする前立や子宮頸部のインプラント、基底部あるいは会陰部にあるサイフォン、生殖器の毟取、苦痛と快楽の反応の逆転、性的な虐待や拷問そして苦痛、性的裏切りと性行為への恐怖、性的フェティシズム、性的行為に関するトラウマ(エイリアン、動物、子供、器物、シンボルや人工産物、戦争などに関係)、SM的性行為や歪んだ性的幻想のインプラント、金属ロボットやクローンによるバーチャルな性行為、エイリアンのエーテルの精液、逆行性の液体(エイリアンの精子や卵子)、アストラル体・エーテル体の誘拐、手術そしてレイプ、ネフィリムの逆行に関係するもの(インプラント、コード、性的幻想の挿入、性的依存、レイプや獣姦、ゴラムやその他の生物、2次元-4次元スプリッター、遺伝子構築、出生地の人工産物、子供の奴隷と犠牲、生殖器の盗用と儀式など)などがあります。

 

 これらの異常なシールやインプラント等の存在目的は、地球とそこにいる生命体を幻影のマトリックスに引き摺り込むことです。本来ならば12次元の意識を持ち、次元間をアセンションすることができるはずの人間なのですが、DNAの歪みや、Jシールやその他のシールやインプラントによってこれまで二十万年の間、それができなくなっていて、だからこそ、地球が3次元で足踏みをしているのです。この特別な時期に、スターゲートが開き、我々にはアセンションするだけの充分な波動があります。だからこそ、このこれらを取り除くことがとても重要になるのです。

 

 あなたの体やオーラのフィールドからこれらのエネルギーな歪み、シール、インプラント、その他のエネルギー的な装置を取り除くことによって、あなたの古いパターンやネガティブな依存症、思考過程、低次な人間ドラマがあなたの人生から消滅してゆくのを実感することができ、あなたのポテンシャルにも制限がかからなくなります。そしてハイヤーセルフにより容易にアクセスすることができるようになり、これにより肉体にいながらにして、意識のレベルが上昇し、高波動を保持することができるようになるのです。あなたのサイキックな能力も格段に増強します。

 

 なお、セッションには、「15D オーラのクリアリング」と「15D カルマのクリアリング」が含まれています(この二つのセッションは、単品ではもう提供しておりません)。

 

 楽な服装で、携帯電話や電子機器、体の装飾品を全て外して、仰向けに横になり目を瞑ってセッションを受けてください。

 先述のように、このセッションは、「スターシード・セット」の中の「25D 異質な歪みの除去セッション」に含まれますが、このセッションだけを単品で受けたいと希望される方は、必ず条件書をご確認してから、以下の申し込みボタンからセッションに申し込まれてください。

 僕は医師ですが、弊社から提供されるセッションにおいては、医療行為は一切行わず、よって医療に関する助言、診断または治療を提供しないという点をご了解ください。弊社のセッションを受講したからといって、医療やメンタルヘルスの専門家による助言やカウンセリングの代わりにはならず、こういった専門家への相談を遅らせることは決してなさらないでください。この点を完全にご了解されてから、セッションの申し込みをされることを、ここにお願い申し上げます。

 

 お支払いを済ませますと、ペイパルの決済ページの後に、僕のウェッブサイトの「ご注文ありがとうございます」のページが自動的に表示されます。残念ながら、どうやら、W I Xのこのページは細かい編集ができないようになっていますので(余計な表とかを削除したいのですが)、このページの細かいところは無視していただいて結構です。

 

 尚、ペイパルの決済が終わりますと、自動的に僕のところにお知らせが参ります。ですので、基本的には、その後でこちらからメールにてご連絡させていただく形になります。しかし、セッションを初めて申し込まれた方は、セッションの具体的な日程の決定だけでなく、エネルギー的に繋がることもしておきたいので、お支払いの後に、下記のいずれかの方法でご連絡をいただけるととてもありがたいです。また、今回セッションを受けるのが初めてではないという方も、前回と同様の連絡方法で、「〜のセッション申し込みましたよ!」とご連絡をいただけると、スムーズにセッションの日程等を決められるので、とても助かります。

 

 「ペイパルを通じての決済が苦手です!」という方は、銀行口座からもお支払いは受けつけておりますので、どのセッションを受けたいかなどをご連絡いただければと思います。しかし、海外(オーストラリア)の銀行への海外送金という形となり、少々手間や手数料がかかってしまいますので、その点をご了承ください。

bottom of page