25D Astral Body Removal

25D アストラル体の除去

25D Astral Body Removal

 アシュターコマンドによる25Dのエネルギー・ヒーリング・システムは、従来のヒーリングにない段違いでパワフルな変容をもたらすもので、元々一般の人々にリリースされる予定のなかったものでした。よって、いわゆる「冷やかし」や「興味本位」で受けていただくものではなく、そういった行為を未然に防がせていただくべく、価格を敢えて高く設定させていただいております。この点をどうかご了承ください。

 

 アストラル体は、我々の肉体の完全な複製のような様相を呈するものであるとされ、睡眠時や何らかの薬物を使用した後などにアストラル体が肉体から離れることはよく知られています。スピリチュアルな人々の中には、アストラル体こそ高次元へのアクセスをもたらす重要な鍵となると説く人たちもいます。でも、それは本当なのでしょうか。では、もし、実はそれはアストラル体がそういうものであると我々が教え込まされているだけで、それは一種のプログラミングに過ぎないと言ったら、どうお考えになりますか。

 

 我々のボディ(体)の構造は種々な形で説明され、どれが正しくてどれが間違っているといった議論は無意味ですので、ここでは避けたいと思いますが、最も一般的な説明の一つに、物理界(フィジカル界)、アストラル界そして精神界(スピリチュアル界)という三層構造があります。物理界には肉体、エーテル体、感情体そしてメンタル体が存在し、精神界にはコーザル体、セレスティアル体そしてエーテルテンプレートが存在し、そして、この二つの間に存在するアストラル界にアストラル体が存在すると説明されます。このアストラル体というものは、実は後から人工的に付け加えられたインプラント的な存在であり、我々が生まれてくるときに半ば強引に背負わされるものなのです。そしてこのアストラル体を持っていることで、常にアストラル界の住人である種々の邪悪な存在の影響を受けてることに繋がるのです。

 

 アストラルトラベルという言葉が存在するので、我々は勝手に「アストラル体こそ、どこかに移動するときの乗り物に違いない」と解釈しがちです。しかし、そもそも我々の魂は、時間や距離、次元を超えて、どこへでも一瞬で移動できる存在です。ですので、他のどの界や次元へ行くのにも、また、アストラル界へアストラルトラベルをすることにすら、そもそもアストラル体など必要ないのです。

 

 我々が眠りに入ると、アストラル体は半ば自動的に我々をアストラル界へと連れていきます。実に、これこそ、アストラル体の仕事です。アストラル界はとても素晴らしく愛に満ちた場所であると説明される方がいますが、実際には、アストラル界は極めて下劣・卑劣で邪悪な薄気味悪い場所であり、真夜中に大汗をかいて目が覚めて「ここはどこだったっけ?」と一種の混迷状態に陥ったり、朝起きてものすごい疲労困憊で頭が朦朧としていたりするのはこのためであることが多いようです。また、アストラル体がアストラル界に誘拐・拉致されているため、ウンウンうなされたままで、家族が揺すって起こそうとしても一向に目が覚めない人もいます。我々は眠るたびにこうしてアストラル界にハイジャックされているわけです。

 

 また、アストラル界では種々のコードをアストラル体に繋げられてしまうので、起床後に普通に生活しているときにも、アストラル体を通じて邪悪な存在に操作・利用され、歪みや種々の悪影響が、物質界そして精神界のボディ(体)にそのまま伝達・浸透しインテグレートされ、不安や恐怖の波動に同調するようにあなたの日々の生活を変貌させてゆきます。

 

 驚くことに、複数のアストラル体を持つ人々は意外とたくさん存在し、25個のアストラル体を持っているクライエントも存在したことがあります。こうなると、いわゆる「取り憑かれやすい」体質となるわけです。

 

  アストラル体を除去することで、以下のような症状のある人に効果があります。

 

  • 睡眠時に勝手にアクセスされて情報を盗まれる。

  • 睡眠に邪悪な存在に誘拐・拉致される。

  • 睡眠時に邪悪な存在に襲撃・攻撃される。

  • 常にあっちこっち寝返りをうったり、うなされたりして睡眠が休養にならない。

  • 朝起きて身体中に引っ掻き傷やアザが出来ている。

  • 朝起きて、どうしようもない疲労を感じる。

  • 朝起きて、全然寝たような気がしない。

  • なんか焦点が定まらず、なんか常に「迷子」のような気がする。

 25D アストラル体除去セッションは1時間の遠隔セッションです。セッション中は、目を瞑り仰向けに横になっていただきます。

 必ず条件書をご確認してから、セッションに申し込まれてください。

 僕は医師ですが、弊社から提供されるセッションにおいては、医療行為は一切行わず、よって医療に関する助言、診断または治療を提供しないという点をご了解ください。弊社のセッションを受講したからといって、医療やメンタルヘルスの専門家による助言やカウンセリングの代わりにはならず、こういった専門家への相談を遅らせることは決してなさらないでください。この点を完全にご了解されてから、セッションの申し込みをされることを、ここにお願い申し上げます。

 

 お支払いを済ませますと、ペイパルの決済ページの後に、僕のウェッブサイトの「ご注文ありがとうございます」のページが自動的に表示されます。残念ながら、どうやら、W I Xのこのページは細かい編集ができないようになっていますので(余計な表とかを削除したいのですが)、このページの細かいところは無視していただいて結構です。

 

 尚、ペイパルの決済が終わりますと、自動的に僕のところにお知らせが参ります。ですので、基本的には、その後でこちらからメールにてご連絡させていただく形になります。しかし、セッションを初めて申し込まれた方は、セッションの具体的な日程の決定だけでなく、エネルギー的に繋がることもしておきたいので、お支払いの後に、下記のいずれかの方法でご連絡をいただけるととてもありがたいです。また、今回セッションを受けるのが初めてではないという方も、前回と同様の連絡方法で、「〜のセッション申し込みましたよ!」とご連絡をいただけると、スムーズにセッションの日程等を決められるので、とても助かります。

 

 「ペイパルを通じての決済が苦手です!」という方は、銀行口座からもお支払いは受けつけておりますので、どのセッションを受けたいかなどをご連絡いただければと思います。しかし、海外(オーストラリア)の銀行への海外送金という形となり、少々手間や手数料がかかってしまいますので、その点をご了承ください。