25D Trapped Emotion Clearing

25D 囚われた感情のクリアリング

25D Trapped Emotion Clearing

 囚われた感情という状態は、怒りの瞬間であれ、悲しみや鬱の大波であれ、誰もが日々の生活の中で経験するネガティブな感情に起因するものです。それを正しく処理することも抵抗することもできずに、ただ圧倒されてそこから前に進むことができなくなってしまい、やがてその感情のエネルギーそのものが我々の体の各所に囚われてしまった状態のことです。我々は、自分がどれだけの感情の重荷を背負って生きていのか、なかなかわからないものですが、この囚われた感情が浄化されて取り除かれたときの解放感は名状し難いものがあります。

 

 ネガティブな感情のエネルギーが我々の体に囚われる時に、特定の感情が特定の体の部位に向かい宿るという一種の規則性があります。

心臓と小腸:見捨てられた、愛を受け取ってもらえない、心が痛む悲しみ、弱くて傷つきやすい、不安でどうしようもない、孤独で侘しい、裏切られた、努力を認めてくれない、心が迷子

胃と脾臓:不安でたまらない、心配してくよくよ、神経過敏で臆病、絶望して諦めた、失敗した落伍者、無力の役ただず、低い自己評価、うんざりして嫌気がした、感情や衝動を抑えられない

 

肺と結腸:深い悲しみと悲哀、悲嘆と悲痛、拒絶却下された、ガッカリと落胆、混乱して狼狽、どうしようもない、自分を守ろうとムキになって、頑固に意地を張って、故意に自分を傷つけて

肝臓と胆嚢:怒りと憤り、嫌悪と憎悪、敵意に満ちた憤慨、不満が溜まりイライラ、パニックになって狼狽、優柔不断で煮え切らない、罪悪感と自責の念、こんなにしても当たり前だと思われ感謝すらされない、意気消沈して鬱

腎臓と膀胱:怒ってイライラ、嫌悪感、誰かのせいにし責める、衝突と葛藤、誰も支えてくれない、ひどく恐れる恐怖感、決断力がなく煮え切らない、不安で自分が信用できないので何も新しいことが始められない

内分泌と生殖器:不名誉で恥ずかしい、恥をかかされプライドと自尊心を傷つけられた、驚いて衝撃を受けた、ヤキモチと嫉妬心、役立たずで何の価値もない、下劣で何の賞賛に値しない

 我々は、恋愛や人間関係で傷ついて感情的に空回りしたり、「あんなことが起こらなければこういうことにはならなかったのに!」みたいに後悔したりして、それでもそれに伴う感情を越えてゆく力がないのでただただ涙を飲み込んだりするものです。過去の出来事で経験したネガティブな感情によって今の自分が影響を受けていることを、ほとんどの人がなんとなくわかっていたりもします。しかし、それを客観的に捉えて、自分で浄化して除去することができないので、自己啓発本を読み漁ってみたり、カウンセウラーにかかったりするものです(カウンセラーに相談することが意味のないことだと言っているわけでは、もちろんありません)。身体に宿ってしまったこのネガティブな感情によるエネルギーそのものを除去できないので、なかなか前へ進めません。或いは、遠い過去に起こった出来事が、今となっては皆目検討もつかないような大きなエネルギー的重荷となってのしかかっているのに、それに気づかずに日々の暮らしでもがき苦しんで生きている人々もたくさんいます。そして、こうした囚われた感情のエネルギーは、その体の部位にさまざまな疾患や病気を発生させ、悪循環を引き越します。

 

 囚われた感情のエネルギーを浄化して除去することで、こうした葛藤や苦境や、過去に起こったことによる障害を乗り越えてゆくことができ、そうなりますと、人生に新しい道が開けてきます。不安や恐怖がなくなり、自分に自信と勇気が漲って、より明るい出来事が次々と起こり始めます。また、感情が囚われていた体の部位もその重荷となっていたエネルギーから解放されたことで健康な状態を取り戻します。

 

 これらの臓器に囚われているネガティブな感情のエネルギーを全て除去するために、1週間の間隔をあけて2セッション行います。各セッションは1時間かかります。

 これは僕が医師でもあるので、こういう注意書きを書く必要を感じるのですが、もしもあなたがなんらかの身体症状或いは精神的な症状を経験されている場合、上記の説明に合致しているからといって、決して「この臓器に囚われた感情のエネルギーを除去さえすれば、この症状も改善する」と短絡的に結論づけて、医療を受けるようなスタンスでこのセッションを受けることは絶対になさらないでください。どのような身体的或いは精神的な症状をお持ちであれ、まずは医師やカウンセラーなどの専門家を受診して診断・治療を受けることが必要です。このセッションが医療やカウンセリングの代替とはならないものであるということをしっかりご了解ください。

 エンパスという体質の方には、この「25D 囚われた感情のクリアリング」と「25D エンパスのシールド」の両方を申し込まれる方のためのオプションもご用意しています。どちらにもご興味ある場合は、このセットの方が値段的に少々安価になりますのでご利用ください。

 

 楽な服装で、携帯電話や電子機器、体の装飾品を全て外して、仰向けに横になり目を瞑ってセッションを受けてください。

 必ず条件書をご確認してから、セッションに申し込まれてください。

 僕は医師ですが、弊社から提供されるセッションにおいては、医療行為は一切行わず、よって医療に関する助言、診断または治療を提供しないという点をご了解ください。弊社のセッションを受講したからといって、医療やメンタルヘルスの専門家による助言やカウンセリングの代わりにはならず、こういった専門家への相談を遅らせることは決してなさらないでください。この点を完全にご了解されてから、セッションの申し込みをされることを、ここにお願い申し上げます。

 

 お支払いを済ませますと、ペイパルの決済ページの後に、僕のウェッブサイトの「ご注文ありがとうございます」のページが自動的に表示されます。残念ながら、どうやら、W I Xのこのページは細かい編集ができないようになっていますので(余計な表とかを削除したいのですが)、このページの細かいところは無視していただいて結構です。

 

 尚、ペイパルの決済が終わりますと、自動的に僕のところにお知らせが参ります。ですので、基本的には、その後でこちらからメールにてご連絡させていただく形になります。しかし、セッションを初めて申し込まれた方は、セッションの具体的な日程の決定だけでなく、エネルギー的に繋がることもしておきたいので、お支払いの後に、下記のいずれかの方法でご連絡をいただけるととてもありがたいです。また、今回セッションを受けるのが初めてではないという方も、前回と同様の連絡方法で、「〜のセッション申し込みましたよ!」とご連絡をいただけると、スムーズにセッションの日程等を決められるので、とても助かります。

 

 「ペイパルを通じての決済が苦手です!」という方は、銀行口座からもお支払いは受けつけておりますので、どのセッションを受けたいかなどをご連絡いただければと思います。しかし、海外(オーストラリア)の銀行への海外送金という形となり、少々手間や手数料がかかってしまいますので、その点をご了承ください。